建具の出来るまで 兵庫県建具組合連合会
いろんな木材から吟味して良材を選別。 建具材は主に檜、杉など良材の針葉樹がほとんどです。最近では外国産のスプルースもよく使われています。
寸法通りにほぼ、木作り。これを木取りという。 木取り出来上がり。さあこれからが製作です。
手押しカンナや自動カンナで部材を精密に切削加工。 墨付け作業。部材に寸法設定や勝手を書込。
ほぞ取り機械でほぞを加工 ほぞ穴を機械のみであけていく。
同じく組子部材もほぞ取りや、組子加工をします。 いろんな機械をつかいますね・・・・
組子の組み立て 障子の中の部分、組子(くみこ)を製作中。
部材全てが加工出来ました カンナ削りも終わり、いよいよ組み立てへ・・・・
糊付け作業。 最近のボンドは環境配慮型のものがほとんどです。
いよいよ組み立て。 直角やねじれのないように・・・・・・。
完成しました 完成した建具はこれから現場へ運ばれ、取付されます。
 最後にガラスを入れたり、障子紙を張ります。