フラッシュドア技術講習会
とき:平成16年9月11〜12日
ところ:神戸市・神出装工  
主催:兵庫県建具組合連合会
9月11,12日(土、日)の両日講師に香川県アースリーウッド(協)前理事長、西山登氏をお迎えして表記の講習会を開催しました。
受講者の数の多さにはビックリ。2日間で受講者数が170名を超え、フラッシュドア製作の関心の高さや、困難さを物語っているようです。
 図式や数字で表せる決定的な製作方法はないと西山先生は強調されました。表面材の厚み、その乾燥度合い、心材の丈夫さ、プレスの圧力加減などそれぞれの工場の製作条件が画一ではない事が理由の一つのようです。只、受講は日頃私たちが失敗し、やり直したどり着いた製作方法が裏付けされたようでした。初日は、乾燥度合いを故意に違えた同じポリ合板をプレス。その反りの原因を豊富な経験でもって分析、解説されました。2日目はその反ったドアを直す実践をされました。
 その他フラッシュドア以外の、木材や木造建築のお話。木の建具にまつわる様々なお話はや質疑応答の内容は、若年受講者にとって貴重な話しでした。と同時に年配者にとっては同じ価値観を語り合える有意義で、楽しい講習会でした。
熱心に聴講する組合員の皆様。真剣な表情は、仕事にかける職人のまなざしでした。

そして快く工場を提供していただいた神出装工の佐久間様、ありがとうございました。